読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

旧車部品の蚤の市と…

今日は朝から羽咋市の邑知の郷公園で開催された、「神子原旧車会」主催の部品交換会に行ってきた。

朝6時過ぎに出発し、海側環状道路~のと里山海道を北上して、会場の邑知の郷公園には7時過ぎに到着した。

f:id:m-shima:20131006083004j:plain

…地元の旧車オーナー有志らによる旧車*1の部品や書籍、レトロ雑貨類を扱うフリーマーケットで、会場の邑知の郷公園には30件程が出店していた。

会場内でめぼしい掘り出し物を探してみると、space wさん兄弟やJ-BOYさん親子も会場を訪れ、気に入った掘り出し物を入手したようだ。…ちなみに僕も旧車のカタログ5冊とスーパーカブの部品4点、サンシールド付きのジェットヘルメット*2を入手した。

昼からはカブに乗って白山郷公園での「MROラジオまつりin鶴来」を観覧してから、カブの手入れを少しばかり行った。

…ここで会場内で発見した中から、注目したオートバイを紹介したい。

f:id:m-shima:20131006082904j:plain

まずは昭和40年代に生産されたスーパーカブ50。…フロントフォーク部にポジション灯が装備された「行燈カブ」と呼ばれたモデルのようです。

f:id:m-shima:20131006082940j:plain

続いてスーパーカブと並ぶホンダの原付実用車・ベンリイCD50。…外装の仕様から'90年代に生産された個体のようで、本体価格は1台5万円でした。

f:id:m-shima:20131006083030j:plain

此方は分解された状態で販売されていたヤマハの原付オフロードモデル・ミニトレールGT50。…おそらくレストアベースと思しき個体で、価格は1万5千円でした。

*1:車よりはオートバイの方が多いようだ

*2:アライSZ-RAM3