読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

おやべクラシックカーフェスタ2013

今日は富山県小矢部市のクロスランドおやべで開催された、「おやべクラシックカーフェスタ」に行って来た。

朝9時前に出発し、国道8号線を北上しながら、会場のクロスランドおやべには朝9時40分頃に到着した。

クロスランドタワーを中心とした芝生広場を囲んだ遊歩道に、輪を作るようなカタチで参加車輌が並んでいて、会場内では日本自動車博物館所蔵のボンネットバスやクラシックカーの試乗会が行われた。

昨年とは打って変わって、秋雨模様となった会場内の展示車輌をウォッチングして、物販コーナーでミニカーを探している間に雨が本降りとなった。…生憎の雨に外の人出はまばらだったけど、昭和の懐かしい玩具やグッズなどが展示された屋内ホールは、参加車輛のオーナーさんや来場者でにぎわった。

…また、会場の周辺では昭和30年代以前に生産された農業用エンジン(農発)の実演や、地元のホームビデオ愛好会による上映会も行われた。

ここで、今回の参加車輌の中から注目した車を紹介したい。

f:id:m-shima:20131020101142j:plain


まずはMS80型クラウン・2.0スーパーデラックス。…新車当時からの「富55」ナンバーを付けた天然もので、ベンチシート+コラムシフトのマニュアルミッション車でした。

f:id:m-shima:20131020101422j:plain


続いて紹介するのはS30型フェアレディZ・2.0Z。…改造された個体も多い中、内外装ともオリジナルを維持した個体で、しかも希少なオートマチック車でした。

f:id:m-shima:20131020101453j:plain


此方の車はA52型ギャラン・1.5AⅡカスタムL。…この車も「松本55」ナンバーを付けた天然もので、昭和44年の発売当日に納車されたという、現存する同型車では最古の1台だそうです。

f:id:m-shima:20131020101548j:plain


名車・117クーペの後継モデルとなるJR130型ピアッツァ・2.0XE。…此方の車も「富56」ナンバーを付けた天然もので、淡いベージュのボディーカラーの同型車は、その外観のスタイリングから、ファンの間では「マヨネーズ」とも呼ばれました。

f:id:m-shima:20131020101602j:plain


続いてスバル初のスペシャリティクーペとなるAX7型アルシオーネ・1.8ターボXT。…近未来志向の斬新な内外装のスタイリングは、さながらコンセプトカーを彷彿とさせる1台でした。

f:id:m-shima:20131020101648j:plain


今回のトリを飾るのは、HGC211型スカイライン・2.0ターボGT-EX。…此方の車も内外装ともオリジナルを維持した「富56」ナンバーの天然もので、その後ろには同時期に追加されたディーゼル車がいたので、ちょっと珍しいツーショットとなりました。