読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

感動をありがとう 高校サッカー決勝・富山第一対星稜

第92回全国高校サッカー選手権の決勝が、13日に国立競技場で行われ、ともに初優勝を目指す富山県代表である富山第一高校と石川県代表の星稜高校が対戦し、延長戦の末3対2で富山第一が初優勝を決めた。 

史上初となる北陸勢同士の対戦となった今年の決勝戦、これまで冬季の積雪など地理的に不利とされてきた北陸勢の躍進は、地元のサッカーファンを大いに奮い立たせる一戦となったに違いない。また、ベガルタ仙台柳沢敦選手*1ACミラン本田圭佑選手*2も、母校の後輩たちの活躍をきっと喜んでいることだろう。

…そして、全力を出し合って決勝戦を戦った両校のイレブンに、大いなる栄誉と健闘を称えたい。

 

試合は序盤から富山第一のペースで進むが、星稜もGK近藤大河選手を中心とした粘りの守備で得点を許さない。

 スコアレスのまま時間が経過したが、34分に先制点が生まれた。星稜の原田亘選手が、富山第一の村上寛和選手にペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。絶好機を主将の寺村介選手が蹴り込み、星稜が先制に成功した。

 均衡が破られると、1点差のまま前半を折り返した。後半に入ると、互いに得点できずにいたが、70分にカウンターから星稜が追加点を奪取。左サイドから仲谷将樹選手が上げたクロスに森山泰希がヘディングで合わせて、ゴールネットを揺らした。

 2点差となったが、富山第一も途中出場していた高浪奨選手が87分にカウンターから得点。終盤に1点差に詰め寄った。すると、後半アディショナルタイム富山第一がPKを獲得。同点のチャンスを大塚翔選手が沈めて、土壇場で試合を振り出しに戻した。

 延長戦に入ると、星稜の藤田峻作選手がクロスバー直撃のシュートを放ったが得点とはならず。互いに勝ち越し点を挙げられずに延長戦終盤に入ったが、PK戦直前の109分に富山第一の村井和樹選手が右サイドのスローインから、左足でダイレクトシュートを突き刺した。

*1:富山第一OB

*2:星稜OB