読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

'14早秋の北海道遠征・その3(原付ツーリング・遠別〜稚内〜旭川)

遠征3日目の8/31日は朝5時過ぎに起床。…早く目覚めたので旅館の周辺を散策してみたけど、そこは北海道。明け方の気温が14度だったので、半袖Tシャツ+ショートパンツでは流石に肌寒く感じた。

6時ごろには皆起きて、朝7時の出発前に電装系の調子が優れないレッツ2を点検したところ、バッテリーが過充電を起こして本体が膨れ上がっていた。…バッテリーを外したところで無事に遠別を出発、原付ツーリングの後半戦に入った。

国道232号線道道108号線を北上し、天塩町に入ったところで…

f:id:m-shima:20140831090153j:plain


本州ではなかなか見られない広い空と原野を目の前にして、北海道の雄大な風景を改めて実感した。

f:id:m-shima:20140831084118j:plain


また、日本海に目を向けると目前には利尻島が見え、島にそびえる利尻富士の姿に皆感銘を受けた様子。…しかもさくらさんは「艦隊これくしょん」に登場するキャラクターのコスプレ姿に着替え、レッツ2に乗ってのネタ写真も撮影していた。

北海道の道路事情もある程度は飲み込めてきたので、対向車線を走るオートバイに向かって手を振ってみたけど、風力発電群の横で休憩に入った切腹さんから「余り大きく振っていると、好意のつもりでも誤解を招く場合がある」と指摘を受けた。

普段の走行速度*1より速い速度で運転していることや、車間距離の間隔が上手く取れない、切腹さんからの注意に僕も流石に落ち着かなくなってきた。…しかも北緯45度線通過点を過ぎたトンネルで、覆面パトカーが前を走っていた車を速度超過で停めた現場を見かけたり、慣れないウインカーのプッシュリリースに戸惑う余り、頭の中が混乱状態に陥ってしまった。

「何も悪気はないのに…!!」「頑張っても何も出来ないし、何で上手く出来ないんだ…!!?」

…と、仕舞いには思わず号泣してしまった。

予想外の事態に「この辺りの道路は周囲に標識などの目印が無く、速度感覚や距離感覚がおかしくなってしまう場合があって、その上交通の流れが速いので法定速度の範囲内で走るのは、速度差が大きく逆に大きな危険を伴う」と、さくらさんからの説明を受け、落ち着きを戻しだしたところで運転を再開した。

稚内市に入り、納沙布岬方面に入ったところでさくらさんにレッツ2を託し、

f:id:m-shima:20140831112458j:plain

市内の食堂「樺太食堂」での昼食となった。…店内に入ると全国各地から訪れた来訪者の書き込みがたくさん貼ってあって、僕らも寄せ書きで書いてきた。

f:id:m-shima:20140831113206j:plain

皆それぞれ希望の海鮮丼を選ぶ中、僕は五色海鮮丼を注文。…普段なかなか食べられない新鮮な海鮮丼に、皆満足した様子だった。

f:id:m-shima:20140831122704j:plain

昼食後、JR稚内駅近くの防波堤ドームを見たり、夏季限定営業のライダー宿泊所を兼ねたオートバイ整備工場に立ち寄ったりしながら、ここで再びレッツ2が僕に託され、

f:id:m-shima:20140831135620j:plain

海岸線をひたすら走り、午後2時に日本最北端の地・宗谷岬に到着した。…天塩でのパニックが尾を引いて、表情が硬かったとはいえ、札幌~宗谷岬・2日間の走行距離380km、僕の運転パート230kmを無事に完走できた。

f:id:m-shima:20140831142216j:plain

この日の宗谷岬は快晴で、高台から眺める宗谷岬の風景は壮観だった。しかもより天気の良い日には、その先遥か樺太まで見えるとのこと。

f:id:m-shima:20140831144132j:plain

…2日間に及ぶ原付ツーリングも無事終え、2台の原付オートバイをトランポのセレナに再び載せてから、国道238号線~275号線を一気に旭川方面へと南下。

途中、昭和55年に放送されたピップエレキバンのCMで一躍有名になったJR比布駅に立ち寄ってから、旭川市内のラーメン店「一蔵」にて夕食を食べてきた。

夕食後、旭川バスターミナルで翌日からの仕事を控える切腹さん・ゆきぼさんを送り出し、市内の健康センター「旭川健康ランド」には午後9時に到着。…一風呂浴びてツーリングの疲れを取ってから一夜を過ごした。

…その4へ続く。

*1:平均35km/h前後