読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

北陸ハチマルミーティング2014

今日は富山県射水市太閤山ランドで開催された、「北陸ハチマルミーティング」に行ってきた。

午前10時30分前に自宅を出発、時間が押していたことから白山I・Cより北陸自動車道を北上して、会場の太閤山ランドには午前11時30分前に到着した。

会場の太閤山ランド・第3駐車場には、県内外から'80年代前後に生産された旧車が100台以上が参加していて、オリジナルを尊重した車からカスタマイズの施された車まで幅広く集まった。…先週の糸魚川に続いて好天に恵まれたけど、熱中症を防ぐべく時間ごとに日陰に入って日差しを避けながらの鑑賞となった。

午後に入ってからManatoさんも到着し、最近製作したガンプラを披露してくれたり、旧車の話題を語り合いながら久々の再会を確かめ合って、午後3時30分過ぎに会場を離脱。国道8号線を南下して金沢市内の中心部に入ったところで渋滞に引っかかり、帰着は午後6時30分過ぎとなった。

…今回の参加車輌の中から、注目した車を紹介したい。

f:id:m-shima:20140914113912j:plain

まずはJW1型トゥデイ・Gです。…丸型ヘッドライトを装備した前期型*1で、純正オプションのアルミホイールが足元を引き立てています。

f:id:m-shima:20140914114218j:plain

続いて海外向け輸出専用車のAB5型スバル・ブラット1.84WD GLです。…AB5型レオーネをベースとした小型ピックアップ・トラックで、発売当時はタミヤからラジコンカーとしてもモデル化されました。

f:id:m-shima:20140914114803j:plain

続いて現在のヴィッツの「ご先祖様」、KP61型スターレット・1.3Sです。…純正オプションのサンルーフとアルミホイールが装備された中期型*2で、走り屋仕様とは一線を画した当時の若いユーザーが乗っていた仕様が再現されています。

f:id:m-shima:20140914115718j:plain

現在のティアナの「ご先祖様」の一つといえるPU11型ブルーバードマキシマ・2.0ターボルグランです。…V6・2リッターのVG20型を搭載した上級シリーズで、G810型*3以来の6気筒エンジン搭載車で、前・後期型が並んで参加していました。

f:id:m-shima:20140914145222j:plain

今回の「トリ」を飾るのは、2.8リッター車用の大型バンパーを装備したK430型セドリック・200ターボブロアムです。…車内を見てみるとマニュアルミッションに変更されていて、同じターボ搭載車のSGLエクストラがベース*4かと思ってしまった1台でした。

*1:昭和60年~63年に生産

*2:昭和55年~57年に生産

*3:昭和51年~54年に生産

*4:本来ターボブロアムはオートマチックのみの設定