読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

「あの車、どう?」~第244回~

今回のニューモデル紹介日記は、トヨタの主力ハイブリッドカー・新型プリウスPHVを紹介したい。

 

ハイブリッドカー電気自動車の要素を加えたPHV(プラグイン・ハイブリッド)車としては第2世代となる今度の新型は、一昨年12月に発売された現行型のプリウスをベースに、大容量リチウムイオン電池の搭載やプラグインハイブリッドシステムの効率化により、環境性能を大幅に進化させた。EV走行距離を従来比2倍超の68.2kmに拡大したうえ、EV走行最高速度も135km/hとし、電気のみで走行できる領域を拡大。また、1.8リッターの高効率エンジンを搭載し、HV走行燃費もリッター37.2km(JC08モード)の低燃費を実現する。

満充電までの時間は100V/6Aで約14時間、200V/16Aで約2時間20分、急速充電(約80%)は約20分。さらに量産車世界初となるソーラー充電システムを採用し、最大約6.1km/日*1の走行分を太陽光発電でまかなう。また従来モデル同様、外部給電機能を装備。今回追加した「EV給電モード」ではエンジンをかけずに家電が利用でき、エンジンが作動する「HV給電モード」では、最大1500Wの出力でガソリン満タン状態から2日程度の電力を供給できるという。

 

エクステリアは、透明アクリル樹脂を採用した大型グリルと4眼LEDヘッドランプを備えるフロントマスクで先進感を表現した。ヘッドランプは、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプで車両を認識し、照射範囲を左右16個のLEDで細やかに制御するアダプティブハイビームシステムを採用。リアスタイルは2つの膨らみを持つダブルバブルウインドゥ、一本の赤いラインでつないだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなど、標準車のプリウスとは異なる個性的なデザインとした。

 

インフォテイメントシステムには、トヨタ初の11.6インチT-Connect SDナビとDCM*2を標準装備(Sを除く)し、コネクティッドサービス「T-Connect DCMパッケージ」を初度登録より3年間無料で提供。警告灯の点灯時、クルマから発信される情報を基にオペレーターや販売店から適切なアドバイスが可能な「eケア(走行アドバイス)」や、クルマから離れた場所でも、充電状況の確認・操作、エアコンの操作、充電ステーションの検索などが可能な、PHV専用スマートフォン向けアプリ「Pocket PHV」を提供する。

 

また安全性能では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が全車に標準装備されているとのこと。

 

…先ごろ世界での累計販売台数が1000万台を超えたトヨタハイブリッドカー、その先駆車となった初代プリウスの発売から20年という節目の年に発売された新型プリウスPHV。トヨタ環境対応車におけるイメージリーダー的なポジションにあるだけに、多くのユーザーの期待に応えられる最高の1台であって欲しい。

*1:平均で約2.9km/日

*2:Data Communication Module