読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

憲法記念日にふと思うこと

今日は昭和21年の発布から71年目の憲法記念日、今年も憲法に関する集会が各地で行われた。

www.asahi.com

そんな中で安倍晋三総理大臣は、東京で開催された憲法改定を求める集会にビデオメッセージを寄せ、「東京オリンピックの開催を予定している2020年を新たな憲法が施行される年にしたい」と憲法の改定に向けての意欲を述べた。

 

安倍総理大臣はメッセージにおいて「憲法を改定する是非は最終的には国民投票だが、発議は国会にしかできない。私たち国会議員は大きな責任をかみしめるべき」と強調し、特に9条については「多くの憲法学者や政党には自衛隊違憲とする議論が今なお存在する」とした上で、「1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込むという考え方は国民的な議論に値する」との考えを示した。

 

…現憲法の発布・施行から70年を経て、現在の日本を取り巻く社会情勢は当初とは大きく変化を遂げ、現憲法が時代にそぐうかについては9条も含めて微妙なところもあるかもしれない。

 

しかし現憲法が70年にわたって「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」という三原則を通して、個人の尊厳を一番に尊んできたことを改めて認識して欲しいし、現在の日本があることを忘れてはならない。そのために3年後の改定憲法の施行を進めるにしても「全面改定ありき」ではなく、現憲法が培ってきた三原則を活かすことが大きな意義をなすことを国民一人一人が声を上げてゆく必要があるだろう。