読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

トヨタ「クラウン」、日産「セドリック」('79~'80)

YouTubeで、こんな映像を発見した。






…昭和54年~55年に放送された、MS110型クラウンと430型セドリックのCMだ。

いずれのCMもターボ搭載車が追加設定された時のCMで、優れた動力性能と経済性の両立を謳った内容となっている。

MS110クラウンと430セドリック/グロリアは、ともにトヨタ・日産両社にとっても最初のターボ搭載車という記念碑的な車種といえるけど、430セドリック/グロリアが発売当初、5速マニュアルミッション車のみ*1の設定だったのに対し、MS110クラウンではオートマチック車のみの設定だったということから、ターボに対する両社の方向性の違いを垣間見ることができる。

続く910型ブルーバード以降、ターボ搭載車を積極的に投入してきた日産に対し、DOHC搭載車との2本立て攻勢で迎え撃ったトヨタ…。排気ガス規制の収まった'80年代の幕開けは、ある意味「ハイパワー競争」の幕開けでもあったといっても決して過言ではない

*1:昭和55年春にオートマチック車も追加