読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

「あの車、どう?」~第215回~

今回のニューモデル紹介日記は、ホンダの新型軽オープンスポーツカー「S660」を紹介したい。

 

ホンダでは平成3年に発売された「ビート」以来の軽スポーツとなるS660は、「心昂る Heart Beat Sport」をコンセプトに、サーキットや高速道などの限られた条件下だけでなく、あらゆる場面で運転の楽しさを感じられるクルマをめざし開発された。

 

デザインはこれまで公開されてきたコンセプトほぼそのままの姿で登場。風を感じる楽しさや、視点の低さがもたらす非日常感を主眼に開発された。ルーフは手動による脱着式ソフトトップ「ロールトップ」を採用。左右から巻き寿司のようにたたむことができ、たたんだルーフはボンネットに収納する。

 

また、オープンモデルならではの安全性、剛性を確保するため、ボディ設計は徹底的にシンプル化。これにより補強を最小限にすることができるほか、軽量化にも貢献している。

 

搭載されるエンジンは、「Nシリーズ」で採用されている660cc直列3気筒DOHCターボエンジンを改良して搭載。ターボチャージャーを新設計とすることで、スポーツカーらしいレスポンスを手に入れた。最高出力は64psながら、最大トルクは104Nmと力強さを増している。

トランスミッションは6速MTとパドルシフト付きCVTを設定。CVTは「SPORTモード」と「DEFAULTモード」の切り替えが可能で、ドライブバイワイヤ、車速とエンジン回転数の特性をスイッチひとつで選択することができる。

 

…本体価格が198万円からと、軽自動車としてはかなり高価な部類に入るけど、同クラスのスポーツモデルでは先発となるコペンやアルト・ターボRSといった競合車種が注目を集める中、S660が軽スポーツの「本命」となりえるか、その素質がいよいよ試される。