読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

後期モデルは期待に沿える1台か

今日は仕事帰りに行きつけの自動車販売店へ、マイナーチェンジされたばかりの新型ノートを観に行ってきた。

 

…今回マイナーチェンジされたノートは、発電用に特化した1.2リッターエンジン+走行用の電気モーターによるシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」が搭載され、今後の主力となるであろうe-POWER車の展示・試乗車も入ったばかりだった。

 

f:id:m-shima:20161102151634j:plain

早速実車をチェックしてみると、セレナから採用された「Vモーショングリル」を取り入れた顔立ちは、発売前の第一印象よりは思っていたより悪くはなく、エンジン車より遮音材を多めに入れているのかドアの閉まる音は1クラスは上の車のような感じだった。

 

f:id:m-shima:20161102153314j:plain

エンジンルームに目を向けてみると、バッテリーの発電用となるHR12型エンジンの隣に走行用のEM57型電気モーターが搭載され、この車がHV車だということを実感させる。…また、ラジエターの圧力キャップがルノー車にも見られるタイプのプラスチック製となっていて、向かって左側のタイヤハウス前に移設された補充タンク側に設置されていた。

 

f:id:m-shima:20161102153357j:plain

内装もマイナーチェンジに合わせてシートの模様などが変更されたけど、センターコンソール上に立ったリーフにも採用されている電気制御シフトレバーは、やはり違和感を感じてしまうようだ。

試乗車にはナンバープレートも付いていたので、早速の試乗も試みようと思ったけど、早ければ今週末になるとのことだった。…とはいえ、前期型オーナーの立場上後期モデルの目玉となるe-POWER車の実力が如何なるものか、改めて試乗に臨んでみたい。