正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

姉のiに乗ってみたら…

今日は姉が乗っているHA1W型iに乗ってみた。

 

…というのも、昨日姉家族が近々住居を津幡から金沢に移すことから、引っ越しの際の荷物を運ぶべく農作業用のTT2型サンバートラックを借りる代わりに、普段乗っているiをしばらく預かることになった。

 

平成16年~25年に発売されたiは、ワンモーションフォルムの先進的な外装デザインと2.55mと長いホイールベース、RRのエンジンレイアウトが特徴の軽ハッチバックで、平成21年からは電気自動車のi-MIEVが発売されている。…姉のiは平成20年式のエンジン車で、走行距離は11.8万kmと普段乗っている頻度や年式を考えると順当なところか。

 

僕もノートを手放してから間もなく1年経つだけに、軽とはいえ久々に乗った乗用車のドライブポジションに正直戸惑ってしまった。…実際にiを走らせてみると、3B20型(特にターボ無しのNA)の弱点といえる発進からの加速にもたつきを感じたけど、RRのエンジンレイアウトのおかげなのか同じエンジンを搭載するeKワゴン(特にNA車)ほど顕著ではなく、取り回しもホイールベースが長い割には幅の狭い場所も難なくこなすことが出来た。室内スペースも広く取られていることから、乗っていてさほど窮屈さを感じなかったのもポイントが高い。

 

…iの現状を姉から聞いたところ、最近はマフラー周りが錆びて交換にかなりの費用を要することから、近い内にN-BOX(姉によるとボディーカラーは黒らしい)へと乗り換えるそうで、姉の次期愛車となるN-BOXへの乗り換えを前に、iに乗る機会が得られたのは意外と収穫になったといえるのかもしれない。

通院日に急性の嘔吐

月に一度の通院日の今日は、朝早くから金沢市の病院へ診療に行ってきた。

 

朝9時過ぎに出番が回り、掛かり付けの医師と面談でのカウンセリングを受けて、次回の通院日の日程を調整しようとした矢先に、突然急激な吐き気に襲われた。…胃液が逆流して口から戻してしまうことはたまにあるけど、今回の吐き気は昨夏の鈴鹿8耐観戦からの帰りの時以上に強く、胃液どころか黄色い胆汁液まで戻してしまった。

 

余りにも急な嘔吐に、看護師さんに付き添われ院内の処置室のベッドで横になったけど、しばらく動ける状態ではなかった。…そういえば血圧の低い内に急いで起きたら、目眩の末に頭を強打、流血までしてしまったこともあったけど、今回のように急激な嘔吐には心身ともに疲弊しきっていた可能性もありそう。

 

…ちょうど梅雨時は気付かぬうちに体調にも大きな変動をきたす場合があるだけに、特定検診を受ける前に体調が安定しているか日頃からの自己管理を進んで行う必要あることをつくづく痛感した。

「あの車、どう?」~第291回~

今回のニューモデル紹介日記は、日産の新型クロスオーバーSUV・キックスを紹介したい。

 

response.jp

キックスは2016年に発売されて以来、主に北米・中南米やアジア圏をメインに発売している小型クロスオーバーSUVで、平成21年~昨年まで発売されたジュークの後を受けて投入される国内向け仕様車はK13型マーチと同じタイの工場で現地生産される。また、以前三菱自工からパジェロミニOEMを受けて発売した軽オフロードSUVも同じ車名だったけど、英文での表記が"KIX"から"KICKS"になっている。

 

パワートレインは、「e-POWER」搭載モデルのみで、最大出力は約18%アップの129ps(『ノートe-POWER』比)。中高速域の力強さを高めたことで、高速での追い越しや合流、ワインディング走行など、幅広いシーンにてパワフルでキビキビした走りを実現した。また、アクセルペダルの踏み戻しで車速を調整できるワンペダル操作により、ブレーキペダルを踏む回数は減少し、楽に運転できる。さらに、発電用エンジンの作動タイミングの制御を最適化することで、エンジンの作動頻度を減らし、高い静粛性を実現した。

 

エクステリアは、精悍な「ダブルVモーショングリル」や特徴的な「フローティングルーフ」で、力強さとスタイリッシュさを表現。また、躍動感のある先進的なLEDヘッドランプにすることで、存在感を放つデザインとした。ボディカラーは、モノトーン9色、ツートーン4色の全13種類を用意。プレミアムホライズンオレンジとピュアブラックのツートーンは、オレンジタンの内装と組み合わせることで、スポーティさを最大限引き出している。

 

インテリアは、シームレスで上質さを感じるモダンプレミアムな室内空間とした。使いやすくグルーピングされたレイアウトや、高い品質によるプレミアムな表現のユニークパーツが特徴だ。「Xグレード」のシートは、クロスと合皮の組み合わせによる実用的なアクティブさを、「X ツートーンインテリアエディション」のシートは、ツートーンカラーシートによるファッショナブルな仕上げとなっている。

 

運転席は、カテゴリートップクラスのフロントウィンドウ見開き角と低いウエストラインにより、開放感ある視界を実現。後席は、ニールームが600mm、ヘッドルームも85mmを確保し、大人でも充分くつろげる広い室内空間となっている。ラゲッジルームもトップクラスの423リットルとMサイズのスーツケースを4個積載できる広さを実現。後席シートは可倒式のレバー操作で簡単に倒し、シーンに応じて荷室を広げることができる。


ボディサイズは全長4290×全幅1760×全高1610mm、ホイールベースは2620mm。車体剛性を高めたプラットフォームを採用したことにより、優れた安定性と操縦性を実現した。また、カテゴリートップクラスの最小回転半径5.1mを実現し、入り組んだ路地や狭い駐車場でも、抜群の小回りが可能。人間工学に基づき、快適な座り心地で疲労軽減効果のある「ゼログラビティシート」を採用した。

 

先進技術では、高速道路での「長距離運転」と「渋滞」を軽減する「プロパイロット」を全車標準装備。ミリ波レーダーの採用によって、より遠くの先行車の状況を検知し、スムースな制御を行うことで、ドライバーをアシストする。また、もしもの事故の際の自動通報や、あおり運転や急病などの緊急事態にも手動で通報できる「SOSコール」も全車標準装備。前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを標準装備し、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」に該当する。

 

…日産の国内向け車種ではリーフ以来のブランニューモデルとなる新型キックス。今回発表されたのは売れ筋となるe-POWER搭載のFF車のみとなっていて、C-HRヴェゼル、CX-30など強力な競合車種がひしめく小型クロスオーバーSUV市場においては正直なところ実質モノグレードというラインナップの幅の狭さが気掛かりなところだけど、早ければ今年度後半にはエンジン車や4WD車も追加設定されるそうなので、今月30日の発売で車名の通り大地を蹴り上げるような販売台数を稼げるかは、まず様子を見た上でということになりそう。

自宅でホビーショー・その14

今日のプラモデルレビュー、今回紹介するのは…

 

f:id:m-shima:20200620130720j:plain

…NB8C型ロードスター・1.8RS(アオシマ・1/24)だ。

 

平成10年に発売されたNB系ロードスターは、車体剛性の強化や車重の増加を最小限に抑えるなど基本設計の大幅な見直しが図られ、ヘッドライトも先代・NA系の特徴的なリトラクタブル式から固定式に変更された。同車の1/24キットは平成11年頃に発売され、標準車のみならずエアロパーツを装備したカスタマイズ仕様もバリエーション展開された。

 

f:id:m-shima:20200620130728j:plain

ボディーカラーは淡い水色のメタリックを選択してみたけど、今回は使用済みの缶スプレー塗料を処理する際に残った塗料を調合して製作したオリジナル色で、塗装には久々にエアブラシを使用してみた。塗料と溶剤の比率が合わなかったのか若干表面がザラ付いたものの、番手の細かい紙やすりで研ぎ出しを行って表面を磨き込んだ。

 

…今回のロードスターは社外品のアルミホイールが装備されていたことから、オリジナル色に全塗装したカスタマイズ仕様を意識して製作してみたけど、フルオリジナルとは一味違った「オンリーワンの1台」を作るという意味合いではちょっとしたカスタマイズを図ってみるのも一興といえるだろう。

自宅でホビーショー・その13

今日のプラモデルレビュー、今回紹介するのは…

 

f:id:m-shima:20200620130654j:plain

BMW2002tii(ハセガワ・1/24)だ。

 

…1971年に発売されたBMW2002tiiは、1966年発売のBMW1600-2をベースに機械式インジェクション仕様の直4・2リッターエンジンを搭載した高性能グレードとして、初代3シリーズへとモデルチェンジされる1975年まで生産された。同車の1/24キットは平成29年に発売され、1973年発売の2002ターボが定番品として、1968年発売のツインキャブレター仕様車となる2002tiやラリーカー仕様車が限定品としてバリエーション展開されている。

 

f:id:m-shima:20200620130704j:plain

久々に組む輸入車のキットとなったハセガワのBMW2002、ボディーカラーは以前製作したS30型フェアレディZと同じアイボリーホワイトを選択。当時の正規輸入車を再現すべく車検ステッカーや有鉛ガソリン指定ステッカーのデカールは別車種の物から流用してみたけど、当初思っていたより組み立ての難度が高く、ボディーの全周を囲むメッキモールやバンパーのモール、リヤアクスルの接着にかなり手こずり、いざ完成すると粗が多く目立ってしまった。

 

…メッキ仕上げとなっているバンパーにモールを接着する際に、メッキ部品にも対応した多用途接着剤を用いてみたけど、出す量の調整や部品への塗り方を工夫するとより綺麗に接着出来るようなので、今度外装の目立つ箇所のメッキ部品の接着を行う際に試してみたい。

自宅でホビーショー・その12

久々のプラモデルレビュー、今回紹介するのは…

 

f:id:m-shima:20200620130620j:plain

K331型セドリック・2.0SGL-E Fタイプ(アオシマ・1/24)だ。

 

…昭和50年に発売された330型セドリック/グロリアは、好評を博した先代・230型の正常進化としながら触媒コンバーターによる排気ガス浄化システム「NAPS」を採用し、環境問題の改善にも取り組んだ。昭和50年代後半に発売された同車の1/24キットは、昭和52年にマイナーチェンジされた後期型のSGL-E Fタイプがモデル化され、アオシマならではの街道レーサー仕様などの様々なバリエーションが展開された。

 

f:id:m-shima:20200620130639j:plain

幼少の頃から作り慣れているアオシマの330型セドリック、今回製作したキットのボディーカラーにはマルーンレッドを選択。車自体はオリジナル重視としながらホイールはフジミのER34型スカイライン純正アルミホイールを装備して、ちょっとしたカスタマイズを図ってみた。

 

…初版から35年以上発売されている長寿キットということもあって、所々金型の経年によるバリが多く見られる箇所があったものの、可動式の前後サスペンションをはじめとした当時のアオシマ製キット特有の精巧なディテールは健在だった。現行品では更なるアップデートも図られていることから、現在でも充分に通用する完成度を持っているキットであることを、製作していて改めて実感した。

「あの車、どう?」~第290回~

今回のニューモデル紹介日記は、ダイハツの新型軽クロスオーバー・タフトを紹介したい。

 

response.jp

今年1月に開催された東京オートサロンで先行発表され、正式発売となった新型は、TAFT=“Tough & Almighty Fun Tool”の頭文字。「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発された。

 

新型タフトは、2019年に発売した、『タント』、『ロッキー』に続く、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA」=Daihatsu New Global Architecture 第3弾商品であり、ダイハツの「ラインナップの柱のひとつ」として、拡大傾向にある軽クロスオーバー市場に投入される。

 

エクステリアデザインでは、スクエアボディと高い最低地上高、大径タイヤなどにより、SUVらしいタフさや力強さを表現した。前席上には大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全車標準装備した。また、新しいパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を採用し、ワクワク感あるデザインと多彩な収容スペースのある前席「クルースペース」と、自由自在にアレンジ可能な後部「フレキシブルスペース」により、日常からレジャーまでアクティブに活躍できるモデルとした。

 

安全・安心面では、「先進技術をみんなのものに」という考え方のもと、予防安全機能「スマートアシスト」を進化させ、全車標準装備とした。新開発のステレオカメラを採用し、衝突回避支援ブレーキ機能の対応速度を引き上げるとともに、夜間の歩行者検知を実現。またダイハツ初の「電動パーキングブレーキ」を採用するなど、安全・安心性能を向上させた。

 

ラインナップは、NAエンジンの「X」、「G」、ターボエンジンの「Gターボ」の3グレード。トランスミッションCVT、駆動レイアウトはすべてのグレードで2WDまたは4WDを選べる。メーカー希望小売価格(消費税込み)はX/2WDの135万3000円からGターボ/4WDの173万2500円まで。月間販売目標台数は4000台となっている。

 

…昭和49年~59年にかけて発売されたオフロード4WD以来、軽クロスオーバーとして36年ぶりの復活を遂げた新型タフト。堅牢さを前面に出したスタイリングは平成12年に発売されたネイキッドをも彷彿とさせるけど、タフトと直接競合するであろうハスラーの牙城を如何に崩すのだろう。