読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

秋の北飛騨撮影ツアー

今日は「小矢部小型映画友の会」のビデオ撮影会で、岐阜県飛騨市神岡町へ行ってきた。

早朝6時前に自宅を出発し、国道8号線を北上しながら、友の会のメンバーさんとの待ち合わせ場所となる小矢部市役所には、朝7時前に到着した。

市役所裏の駐車場で友の会のメンバーさんたちと合流し、2台の車に分乗して7時30分過ぎに出発。…国道41号線~417号線を白川・高山方面へと南下して、生憎の雨模様の中の車窓から映る風景を眺めながら、最初のロケ地となる神岡町の道の駅・スカイドーム神岡に到着した。

f:id:m-shima:20151108103221j:plain

スカイドーム神岡には、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さんや梶田隆章さんが研究に携わったニュートリノ研究施設「スーパーカミオカンデ」の模型や、

f:id:m-shima:20151108103314j:plain

研究で使用されている光電子増倍管が展示されていて、物理学の神秘を体験できた。

f:id:m-shima:20151108105154j:plain


続いて向かったのは、スカイドームからほど近い江馬氏館跡公園。…室町時代から戦国時代にかけて飛騨北部を治めた武将の屋敷だったそうで、当時の材料・工法により復元された会所の建物や庭園をはじめ、発掘調査で発見された陶磁器なども展示されていた。


f:id:m-shima:20151108112626j:plain

続いて向かったのは街の中心に経つ神岡城。…神岡城は当時同所を治めた江馬時盛が武田信玄の命を受けて築城し、高原諏訪城の支城となった。江戸時代に解体された後、昭和45年に現在の天守と城門が建築され、その敷地内には郷土館、鉱山資料館などがあるとのこと。

神岡城をバックに今回の撮影会の記念写真も撮影してから、国道41号線を再び南下して飛騨市古川町のドライブイン数河に到着した。

f:id:m-shima:20151108123519j:plain

…合掌造りの趣あるドライブインでは、揃って昼食に飛騨牛の鉄板焼き定食を食べて、よく焼けた飛騨牛にすっかり満足した様子だった。

昼食を終えた車内でスヤスヤ昼寝をしているうちに、富山県入りして次のロケ地に向かっていたところ、前を走っていた車と逸れてしまったのか、しばらく富山市内~婦中町周辺で道に迷ってしまって、乗っていたメンバーさんたちは皆カーナビの設定や案内に悪戦苦闘だった。

その後、小矢部市国道8号線沿いにある8番らーめんで無事に合流し、夕食を食べてから朝に集合した市役所裏の駐車場で解散。午後6時に帰宅の途に就いたけど、石川県入りしてしばらくすると国道8号線金沢市千木町の金沢東IC手前から渋滞に捕まって、諸江まで1時間以上を要した。

どうもその先の南新保の交差点で事故があって、ちょうど事故処理が行われていたところだった。…ちょっと気分転換に市内のリサイクルショップなどを回ってから、自宅には午後8時30分過ぎに帰着した。