読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正臣のガレーヂ日記

プライベートな日記から新型車の一言レビュー、時事ネタまで他愛なく書いております。

南海対阪急・懐かしのヤジ合戦('88)

YouTubeで、こんな映像を発見した。 …昭和63年に放送された「プロ野球ニュース」より、南海ホークス*1対阪急ブレーブス*2の応援団によるヤジ合戦だ。 当時の大阪球場での南海・阪急双方の応援団を指揮する応援団長が、互いにヤジを飛ばしあうという内容だ。 …

ソフトバンク、8年ぶりの日本シリーズ制覇

コナミ日本シリーズは20日、ヤフードームで第7戦を行い、福岡ソフトバンクホークスが3-0で中日ドラゴンズに勝利。'03年以来8年ぶり5回目の日本一に輝いた。ソフトバンクは今シリーズ開幕から2連敗したが、敵地名古屋で3連勝。再び福岡の地で敗れ勝敗をタイと…

中日・落合監督が今期限りで退任へ

中日ドラゴンズの佐藤球団代表は22日、ナゴヤドーム内で記者会見し、今季で3年契約が切れる落合博満監督が今季限りで退任し、OBの高木守道氏が12月1日から新監督を務めると発表した。契約年数は未定。「野球殿堂入りをされた今年が節目の年ではないかと。1度…

ドアラの「ちょっとだけョ」

YouTubeで、こんな映像を発見した。 …プロ野球・中日ドラゴンズのマスコット、ドアラの活動をベレス・プラード楽団の「タブー」に合わせてまとめた映像だ。往年の人気バラエティ「8時だョ!全員集合」では、ザ・ドリフターズの加藤茶さんによるギャグ「ちょっ…

ヤンキース9年ぶり世界一と松井秀選手MVP

米大リーグ、ワールドシリーズ第6戦が4日(日本時間5日)行われ、ニューヨーク・ヤンキースが7対3でフィラデルフィア・フィリーズを下し、対戦成績4勝2敗で9年ぶり27度目の世界一に輝いた。「5番・指名打者」で先発出場したヤンキースの松井秀喜外野手(35)は、…

立浪内野手、現役引退を表明

プロ野球歴代7位の通算2477安打を誇る中日ドラゴンズの立浪和義内野手(40)が30日、今季限りで現役を引退すると発表した。ナゴヤドームで記者会見した同選手は「自分の理想は打って走って守る。今は打つだけで、守りと走りが衰えてきた」と語り、「そろそろ潮…

夏の甲子園、中京大中京が7度目の優勝

第91回全国高校野球選手権大会第15日(24日、甲子園)決勝戦は、愛知県代表の中京大中京が新潟県代表の日本文理を10対9で破り、1966年(昭和41年)以来43年ぶり7度目の全国制覇を成し遂げた。 中京大中京は一回表、4番堂林が右中間に2ランホームランを放ち先制し…

WBC決勝戦、日本が韓国を下し連覇

野球の世界一を決める第2回ワールド・ベースボール・クラシックは23日、アメリカ・ロサンゼルスのドジャースタジアムで決勝戦が行われ、前回優勝の日本が延長戦の末5対3で北京オリンピック金メダルの韓国を破り、原辰徳監督の率いる「侍ジャパン」は'06年の…

伊良部元投手、暴行で現行犯逮捕

大阪市北区の飲食店で男性店長に暴行を加えたとして、大阪府警曽根崎署は20日、暴行の現行犯でニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した伊良部秀輝元投手を逮捕した。調べによると、伊良部元投手は20日午前5時30分頃、大阪市北区堂島町の飲食店で、飲食料金を…

MVPに小笠原とダルビッシュ

プロ野球の今季のMVP・新人王・ベストナインを選ぶ投票結果が今日発表され、MVPはセ・リーグが読売ジャイアンツの小笠原道大内野手、パ・リーグが北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手と、共にリーグ優勝に貢献した選手が選ばれた。また、新人王…

「鉄腕」稲尾氏、急逝

昭和30年代、西鉄ライオンズ*1の主力投手として活躍した稲尾和久氏が13日午前1時過ぎ、悪性腫瘍のため福岡市内の病院で亡くなった。享年70歳。現役時代は西鉄に入団した昭和31年から3年連続の日本一に貢献し、昭和33年の日本シリーズでは読売ジャイアンツに3…

中日・53年ぶりの日本一

プロ野球・日本シリーズは今日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、2戦目以降3連勝の中日ドラゴンズが北海道日本ハムファイターズを1対0で破り、昭和29年以来53年ぶりの日本一を達成した。試合は中日・先発の山井大介投手がパーフェクトペースで好投し日本ハム打…

石川ミリオンスターズ、BCL初代王者に

プロ野球・独立リーグの「北信越BCリーグ」は16日、石川県立野球場で優勝へのマジックナンバーを「1」としていた石川ミリオンスターズが2位・富山サンダーバーズを16対5で破り、初代王者に輝いた。試合は石川が初回からの全員安打・全員打点の猛攻で、シーズ…

読売、5年ぶりのセ・リーグ優勝

プロ野球のセントラル・リーグは2日、読売ジャイアンツが平成14年以来5年ぶり31回目のリーグ優勝を決めた。優勝へのマジックナンバーを「1」としていた読売はこの日、本拠地の東京ドームに東京ヤクルトスワローズを迎えて対戦。試合は5対4で読売がヤクルトを…

北海道日本ハム、パ・リーグ2連覇

プロ野球パシフィック・リーグで29日、北海道日本ハムファイターズが2年連続4度目*1のリーグ優勝を果たした。優勝マジックを「2」としていた日本ハムは、千葉マリンスタジアムで千葉ロッテマリーンズを9対1で下し、2連覇を決めた。…パ・リーグ連覇は平成11〜…

夏の甲子園、佐賀北高が初優勝

第89回全国高校野球選手権は最終日の今日、甲子園球場で決勝戦が行われ、佐賀県代表の佐賀北高校が5対4で広島県代表の広陵高校を逆転で破り、初優勝を果たした。…試合は2回に2点を先制した広陵が7回にも先発で投げた野村投手が2点タイムリーヒットで追加点を…

中日・中村紀内野手、支配下選手に

中日ドラゴンズの育成選手だった中村紀洋内野手が23日に、球団と支配下選手契約を結んだ。推定年俸は600万円で背番号は「99」が用意された。通算319本塁打、961打点をマークし、メジャーリーグでのプレー経験も持つ中村選手は去年のオフに、これまで所属してい…

北海道日本ハム、44年ぶりの日本一

プロ野球の日本シリーズは札幌ドームでの第5戦を迎えた今日、パ・リーグ覇者の北海道日本ハムファイターズがセ・リーグ覇者の中日ドラゴンズを4対1で下し、前身の東映フライヤーズ時代の昭和37年以来44年ぶりの日本一を達成した。…試合は初回に先制された日…

北海道日本ハム、25年ぶりのパ・リーグ優勝

プロ野球のパシフィック・リーグはプレーオフ・第2ステージの第2戦が札幌ドームで行われ、レギュラーシーズン1位の北海道日本ハムファイターズが第1ステージを勝ち進んだ福岡ソフトバンクホークスに1対0でサヨナラ勝ちし、昭和56年以来25年ぶり3回目のパ・リ…

中日、2年ぶりのセ・リーグ優勝

プロ野球のセントラル・リーグは、優勝へのマジックナンバーを「1」とした中日ドラゴンズが今日、東京ドームでの対読売ジャイアンツ戦で延長戦の末9対3で読売を下し、2年ぶり7度目のリーグ優勝を達成した。今季も昨季と同じく中日と昨季セ・リーグ優勝の阪神…

中日・山本昌、ノーヒットノーラン達成

中日ドラゴンズの山本昌広投手が16日の対阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で、プロ野球史上73人目のノーヒットノーランを達成した。試合は3対0が中日が勝ち、リーグ優勝へのマジックも15に減らした。…セ・リーグでは34人目、37回目。この試合で山本昌投手が許…

夏の甲子園、早稲田実業が初優勝

第88回全国高校野球選手権は今日、前日に延長15回引き分けとなった南北海道代表の駒大苫小牧と西東京都代表の早稲田実業の決勝戦再試合が行われ、早稲田実業が4対3で駒大苫小牧に逃げ切り27度目の出場で初の優勝を決めた。駒大苫小牧は73年ぶりの大会3連覇達…

夏の甲子園・決勝戦は引き分け再試合

毎年「夏の風物詩」のひとつとしてもお馴染みの「夏の甲子園」、全国高校野球選手権大会。88回目を迎えた今回はプロ野球以上に盛り上がる熱戦が繰り広げられ、3連覇を狙う南北海道代表の駒大苫小牧と初優勝を同校OBである福岡ソフトバンクホークスの王貞治監…

楽天-読売戦での「あわや大乱闘」に思うこと

昨日のプロ野球交流戦・東北楽天ゴールデンイーグルス対読売ジャイアンツ戦(フルキャストスタジアム宮城)で7回裏、楽天・山崎武司選手が読売・パウエル投手から死球を受け、その投球をめぐってあわや激しい乱闘の騒ぎになった。山崎選手の関係した乱闘騒ぎと…

WBC決勝・日本対キューバ戦

野球の世界一を決める国際大会「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の決勝戦が今日行われ、日本がアテネオリンピック金メダルのキューバを10対6で下し、WBCの初代王者に輝いた。試合は序盤から日本が優位に試合を運び、一時は6点差までリードしたけ…

WBC準決勝・日本対韓国戦

野球の世界一を決める国際大会「2006 ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)は今日、準決勝の1試合・日本対韓国戦が行われ、日本が6対0で韓国を下し、決勝に進出した。1次・2次リーグでライバル・韓国に連敗していた日本にとって「3タテだけは絶対に許…

城島選手、FAでマリナーズ入団

福岡ソフトバンクホークスからFA(フリーエージェント)宣言した城島健司選手のアメリカ大リーグ、シアトル・マリナーズへの移籍が発表された。出来高払いを合わせて最大1900万ドル(約22億6000万円)の3年契約で、日本人捕手として初のメジャーリーガーとなった…

野口、FAで読売移籍

中日ドラゴンズからFA(フリーエージェント)を宣言した野口茂樹投手の読売ジャイアンツへの移籍が正式に発表された。その契約内容はというと年俸1億円の2年契約で、背番号は「31」とのこと。野口投手は平成5年のドラフト3位で中日入りし、平成11年には主力投…

デニー友利、「即決」の中日移籍

今季アメリカ大リーグ・ボストンレッドソックス傘下の3A・2Aでプレーしたデニー友利*1投手の中日ドラゴンズ入りが発表された。沖縄県出身である友利投手は中日が秋季キャンプを張っている北谷球場を訪れたところ、球団関係者から契約を申し込まれたという。…

千葉ロッテ、日本シリーズ制覇

今年のプロ野球・日本シリーズは千葉ロッテマリーンズが阪神タイガースを3対2で破り、昭和49年以来31年ぶり3度目の日本一となった。レギュラーシーズンこそ2位だったものの、プレーオフ以降は破竹の勢いで勝ち進み、日本シリーズでも阪神に大差をつけての3連…

ヤクルト古田選手、兼任で次期監督に

ここでもうひとつ野球ネタを…。ヤクルトスワローズの古田敦也選手が来季からの選手兼任での監督就任を受諾したことが明らかになった。現役選手がチームの監督を兼任したというと、昭和45年から52年にかけて野村克也氏(シダックス監督)が当時の南海ホークス*1…

「漁夫の利デスマッチ」の結果を受け…。

当Blog「正臣のDRIVE日記」はプロ野球・パ・リーグプレーオフでのid:reireiさんとのBlogタイトルと罵詈雑言を賭けたバトルの結果*1を受け、今日より1週間の間当Blogのタイトルを「MONA新浦安で消えた恋」とし、一言罵詈雑言を…という懲罰モードに入ります。…

「漁夫の利デスマッチ」の壮絶なる結末

パ・リーグプレーオフ第2ステージの第5戦は千葉ロッテマリーンズ(レギュラーシーズン2位)が3対2で福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン1位)を下し、昭和49年以来31年ぶり3度目のリーグ優勝を達成した。初戦・2戦目と連勝したロッテに対しソフトバン…

パ・リーグプレーオフ「漁夫の利デスマッチ2005・第2ステージ」

以前の日記*1でid:reireiさんから届いた「何かいいもの」について書いたけど、同じ日のid:reireiさんの日記*2に「挑戦状」ともとれる内容の日記が書かれていた。それは福岡ソフトバンクホークス(レギュラーシーズン首位)と千葉ロッテマリーンズ(レギュラーシ…

阪神、2年ぶりのリーグ優勝

プロ野球・セントラルリーグは、阪神タイガースが読売ジャイアンツを5対1で下し、2年ぶり9度目*1のリーグ優勝をホームグラウンドの甲子園球場で決めた。阪神の優勝というと昭和60年以来の大フィーバーに沸いた一昨年が記憶に新しいけど、「聖地」といえる甲…

駒大苫小牧野球部長による暴行事件の波紋

先の第87回全国高校野球選手権で57年ぶりの連覇を達成した駒大苫小牧高校の野球部部長が6月と8月に部員に対し暴行を加えたことが明らかになり、優勝校の不祥事に大きな衝撃が走った。今回の一件について学校側は部員に暴行を加えた部長を謹慎処分にしたが、…

松井秀、47試合ぶりのホームラン

アメリカ・メジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手がカンザスシティ・ロイヤルズ戦、2回表の第1打席で先制の4号2ランホームランを放った。実に4月8日以来47試合・203打席ぶりのホームランとなったけど、松井選手自身の調子は決して悪くなか…

パ・リーグ開幕

去年は球団合併や新球団で話題になったプロ野球。今年も今日のパ・リーグからペナントレースの幕開けとなった。注目はやはり半世紀ぶりの新球団、東北楽天ゴールデンイーグルスの初陣だろう。対戦相手の千葉ロッテマリーンズからは「初勝利は仙台で」なんて…

落合監督、キムタクと共演

SMAPの木村拓哉さんが出演している富士通のノートパソコン「FMV BIBLO」のコマーシャルに中日ドラゴンズの落合博満監督が木村さんと共演していた。…岸部一徳さん*1をはじめ哀川翔さんも出演したこのCMシリーズ、その内容はデパートの屋上でノートパソコンを…

勝利の赤い靴下

アメリカ・メジャーリーグのワールドシリーズは、ア・リーグ代表のボストン・レッドソックスが田口壮選手の所属するナ・リーグ代表のセントルイス・カージナルスを下し、世界一を決めた。レッドソックスの優勝はじつに1918年以来86年ぶりで、当時レッドソッ…

12年ぶりの獅子の雄叫び

今年のプロ野球日本シリーズは今日第7戦が行われ、パ・リーグ代表の西武ライオンズがセ・リーグ代表の中日ドラゴンズを7対2で破り、12年ぶり9回目の日本一を決めた。試合は3回表、西武打線の大量得点が決め手となったようだけど、ホームゲームで完封されるわ…

優勝おめでとうドラゴンズ

何かと揺れに揺れたプロ野球・セントラルリーグは中日ドラゴンズが5年ぶりの優勝を本拠地・名古屋(ホームゲームでの優勝は16年ぶり)で決めた。試合こそ5対2で広島に敗れはしたものの、マジック対象チームのヤクルトも敗れたため、優勝が決まったのだ。落合博…